ピックアップ
アンテナサイト
まとめブログ
海外

史上最萌プロポーズ!! キュートな子猫がお手伝いしたプロポーズが反則レベルに可愛いと話題
DSC_2188

誰だって、プロポーズは思い出深いものにしたいもの。
女性はロマンチックなプロポーズに心ときめかせ、
男性は大好きな彼女を喜ばせようと演出に心を砕いているのではないだろうか?

いま、インターネット上でとあるプロポーズ画像が話題になっているぞ! 


とってもシンプルなものなのだが、

そのプロポーズは斬新であまりにもキュート!! 

「誰が断るっていうの!?」「可愛すぎてとろけちゃう!」と、

世界中のネットユーザーが悶絶しているのだ!


引用元:http://rocketnews24.com/2014/06/10/451250/

この記事の続きを読む                    


スポンサーリンク

         


消防士が消火後に自撮りをした理由とは? 3万6000以上の「いいね!」を獲得している写真が話題
firefighter01

現在1枚の自撮り写真が、世界中で多くの人を感動させている。人気の出る自撮りと言えば、大抵は有名人が撮ったものや、キレイな女性が写っているものなど、見た目に分かりやすい特徴があるものばかりだ。

しかし! 今話題になっている写真は、全くもって華やかでない上に、特に目立つポイントもない。写っているのは男性ばかりで、むしろ男臭い写真である。ところが……この1枚は、3万6000以上の「いいね!」を獲得。大人気なのだ。その理由は、写真に隠されたエピソードにあるッ!

引用元:http://rocketnews24.com/2014/05/22/443966/


この記事の続きを読む          

タグ: 海外 消防士

「スマートな発想なんてクソ喰らえじゃ!」という声が聞こえてきそうなライフハック画像
140514_07


口にライフハック術と言っても
、「すごい!」と思わず感心してしまうものから、
個性的過ぎて「真似するのはちょっと……」と
思ってしまうものまで様々だ。

そんな中から、ここでは発想力よりも「腕力」重視のものを紹介しよう。画像を見ると、「スマートな発想なんてクソ喰らえじゃ!」という声が聞こえてきそう。どれもワイルドさ溢れるものばかりだ。


引用元:http://rocketnews24.com/2014/05/14/441526/

この記事の続きを読む          

タグ: 海外 写真 ネタ

【マジかよ】英国大学講師が「妖精を撮影した」と主張! ネット上に公開して議論に発展
ティンカーベルの映画

「妖精」と聞くと、映画やアニメ、ゲームの世界観をイメージする人も多いはず。少なくとも実在しないとされている存在であることは、

誰もが知っている。

その妖精の撮影に成功したと主張している人物がいる。


彼は、この2年間に撮影した風景写真のひとつに、妖精が写っていることを確認したとしている。

実際にその写真を見てみると、たしかに人間のような手足と、

羽根を持つナニかだ。


これは本当に妖精なのか?


引用元:http://rocketnews24.com/2014/04/07/430350/

この記事の続きを読む          


スタジオジブリが海外の制作会社じゃなくて良かったと思える10枚のジブリアート
ghibli

この記事の続きを読む          


【アメリカ】macくん、appleちゃん、excelくん、メシアちゃん…米国でもキラキラネーム
at

1: フォーク攻撃(茸) 2013/09/24 04:54:39 ID:S+fmQaYJP
最近は「光宙」(ぴかちゅう)、「羅舞」(らむ)、「夜舞刀」(やまと)、「稀羅璃」(きらり)、「魅留久」(みるく)など、どう読めばよいのかわからないキラキラネームが議論を巻き起こしているが、
日本だけでなく、世界でも同じ現象が起こっているようだ。

アップル社のファンが多いアメリカでは、昨年だけで少なくとも49人の男の子が「Mac」、
6人の女の子が「Apple」と名づけられたと『ロサンゼルス・タイムズ』が報じている。

他にも「Google」「Facebook」「Excel」「Hashtag」など、IT用語を子供に名づける例がアメリカで急増している。

さらには、映画『スター・ウォーズ』の熱烈なファンなのだろう、男の子に「Jedi(ジェダイ)」と名づける親まで登場。
人気アニメの主人公「スポンジ・ボブ」の名前を女の子につけたという例もあるそうだからその命名スケールも超弩級である。

こうした命名を巡っては、アメリカでも騒動になっている。今年8月にはテネシー州で、
赤ちゃんにつけた「メシア(救世主)」という名前を変更するよう、裁判所が命令を出した。

裁判官はその理由について「メシアは1人、イエス・キリストだけである」と述べたが、
その後の社会保障局の調査から、既に「メシア」と名づけられた赤ん坊が762人、
「キリスト(ジーザス)」は3758人も存在していることが判明した。
http://www.news-postseven.com/archives/20130923_212877.html

この記事の続きを読む          


外国人「日本の擬人化好きは異常!!!」
cb20130821_05_01


1: リバースネックブリーカー(宮城県) 2013/08/28 19:49:09 ID:nIxCaaFQ0
日本人はどうしてここまで擬人化好きなのか?そんな疑問がわき起こった原因となったのは、あるユーザーのTwitterでのつぶやきだった。

「Skypeでアメリカ人から『日本の空母画像を検索してるんだが、なんで美少女ばかり出てくるんだ!?』と追求されてるなう」(原文ママ)

これは、軍艦の名前で画像検索を行うと、日本海軍の軍艦を擬人化した女性キャラ 「艦娘(かんむす)」が登場するシミュレーションゲーム『艦隊これくしょん』の画像が並んでしまう現象だ。

この擬人化キャラ達の人気は非常に高く、2013年9月14日にはついにアンソロジーコミック『艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(1)』(エンターブレイン)が発売される。

だが、そんなことなど知らないアメリカ人には青天の霹靂。「なぜ空母の名前で検索すると、美少女が登場するの?」という疑問は至極当然のものだろう。

ネット住民たちはこの事件を「日本人が軍艦ですら萌えキャラ化している変態であることがばれてしまう…」と騒ぎ立てたが、思い起こせば、日本は擬人化大国。

どうして日本はこんなにも擬人化大国になったのだろうか?

>>2以降へ

4: リバースネックブリーカー(宮城県) 2013/08/28 19:50:20 ID:nIxCaaFQ0
擬人化の歴史や主なキャラクターを解説した『擬人化たん白書』(アスペクト)によれば、日本における「擬人化」の歴史はかなり古い。

奈良時代に書かれた歴史書『日本書紀』や『古事記』では神仏や自然が擬人化されたという。

一つの神を絶対視する国々では複数の神を擬人視することに対し否定的だったため、擬人化文化はさほど発展しなかった。

しかし、日本の文化的背景には「八百万の神」と言われるようにアニミズム的な思想的背景があった。

そのため、日本では神仏始めとして擬人化文化が発展を遂げ、平安末期には「鳥獣戯画」で動物が絵として擬人化され、
江戸時代の草双紙『心学早染草』では、人の心の善悪まで善玉・悪玉として擬人化されたようだ。

そして、20世紀末から現在にかけては何でもかんでも美少女にしてしまう一大ブームが起きている。

この美少女への擬人化ブームにはインターネットの普及、個人のCG技術の向上が大きな背景としてあげられるらしい。

初期のブームはPCマニアを中心として起きたという。擬人化ブーム前夜の1990年代末期~2000年代にかけてインターネットでは
「カードキャプターさくら」 (1998年4月~2000年3/NHK衛星第2テレビ)等で美少女キャラブームが起きていたことも影響したようだ。

世の中は美少女キャラに飢えていたのだ。1998年にアップルのパソコンiMacを擬人化した「iMac Girl」が「TOYBOXARTS」の冬威氏によって公開されたのを皮切りに、
プログラミング言語やハードウェアなど、コンピュータに詳しい人ほど、擬人化という遊びを楽しみ始めた。

それが次第に一般の人にも広がり、2000年以降「コンビーフたん」「ハバネロたん」「カロリーメイトたん」など、食べ物の美少女への擬人化が進む。

2004年になると、2ちゃんねるのスレッドで盛んに話題になり、擬人化は何でもありとなって、ついに企業やお役所を巻き込んでいった。
新幹線たんやコンビニたん、文房具たん、元素たん、飛行機たん、検索サイトたん…。世界に溢れる全てのものを何でもかんでも萌えキャラにしてしまう日本は妄想力溢れたヘンタイ大国だ。

以下略

ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130828-00002757-davinci-ent

2: ダイビングヘッドバット(静岡県) 2013/08/28 19:49:45 ID:MU0jY+UF0
よせやい照れるぜ

5: トラースキック(愛知県) 2013/08/28 19:50:25 ID:bcN2yfcq0
有難がってるのはキモオタだけですが

この記事の続きを読む          

タグ: 海外 擬人化
アンテナサイト
まとめブログ
週間人気記事ランキング